30代の看護師が転職に失敗せず成功するための4つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

看護師として30代になると、職場ではいわゆる中間管理職のような立場となり、プライベートでは結婚・出産など、生活やリズムの変化に悩むことが多く、転職される方が多いです。しかし、看護師の転職は失敗することも多いので注意が必要です。 

今回の記事では、30代の看護師が転職に失敗せず成功するための4つのポイント」と題して、30代の看護師が転職する時に考えるべきポイント・注意点を解説しています。しっかりと記事を読んでいただき、転職の失敗を避けて転職を成功させてください!

スポンサーリンク

転職の目的を明確にする 30代の看護師が転職に失敗せず成功するための4つのポイント

転職を考えている全ての年代の看護師の方に重要なのが、まず「自分は何のために転職するのか」ということを明確にすることです。「私は分かってるわ!」と思う方もいらっしゃると思いますが、転職の目的がぶれたり、忘れたり、曖昧になったりすると、転職活動に失敗する事例が多いのです。

キャリアアップが目的なのに目先の給料の高さに目がくらんだり、家庭との両立が目的なのにハードワークな職場を選んだり・・・

こうした失敗を避けるためには、面倒でも自分の転職の目的を紙に書いておき、転職活動で迷ったり悩んだりしたら見返してみるといいでしょう。

看護師の転職理由と主な目的

30代の看護師の転職理由と主な目的は、以下の4つに分類されます。この記事では、この4つの転職目的と成功するためのポイントについて解説していきます。

1.仕事と家庭・プライベートの両立

30代になると20代の頃よりも無理がききづらくなります。結婚・出産を経験、あるいはこれからされるという方も多いでしょう。看護師は比較的再就職の容易い職業でもありますが、結婚・出産を機に時短勤務や保育所完備の病院への転職は、ワークライフバランスや仕事と家庭の両立に役立ちます。

2.キャリアップ

30代となるともう看護師としては一人前です。看護師長などの管理職を目指しているか、特定の診療科のスペシャリストになっているでしょう。看護師は長く働く方が多く、30代はまだまだ若手クラスですが、資格取得してキャリアを積むという意味では早い方がいいのは言うまでもありません。認定看護師等の資格取得を狙うなら、資格取得の支援制度がある病院への転職が有利になります。

3.収入を上げる

最近では慢性的に看護師不足が続いているため、高い給料で即戦力を募集している病院も少なくありません。30代の看護師は、現場で知識や技術を習得し豊富な経験を積んでいる即戦力であるため、収入を上げるための転職はしやすい時代とも言えるでしょう。

4.職場での人間関係

看護師は、医師や他の看護師と共同で仕事をするため、職場での人間関係は大きな悩みにつながることがあります。どんな職場も人間関係はあるものですが、特定の方との関係で悩んでいるようなら、転職することで問題が解決することがあります。

30代の看護師の転職事情

30代の転職希望者の看護師の転職事情としては、売り手市場(働く看護師側が有利)と言えるでしょう。現場での知識や経験が豊富で、医師や看護師長とのコミュニケーションも十分に取れ、即戦力としての働きが期待できるからです。また、ある程度年齢が上の看護師の方が、患者からの信頼感も上がるため、あえて20代でなく30代の看護師を採用する病院もあります。

そのため、これまでの経験が活かせる同じ専門・診療科であれば、30代の看護師は転職には有利な年代と言えるでしょう。

一方で、キャリアチェンジを目的とした、違う専門・診療科への転職は、年齢的にはラストチャンスになる可能性があります。ここは注意したいポイントです。

また、病院にとっても魅力的な30代の看護師ですが、「定年まで20年以上あるため長く勤めて欲しい」と思われているため、採用時の面接で「転職してもすぐに辞めるのではないか?」と思わせないように、なぜ前の病院を辞めて転職したいのか、今回の記事で紹介する4つのポイントをきちんと自分の言葉で説明できるようにしておきましょう。

①仕事と家庭・プライベートが両立できるかどうか 30代の看護師が転職に失敗せず成功するための4つのポイント

看護師が転職する際の1つ目のポイントは、仕事と家庭・プライベートが両立できるかどうかです。

30代の看護師は、長く働く看護師の中ではまだまだ若手から中堅クラスですが、さすがに20代のように無理がきかなくなります。看護師のの仕事はハードワークで残業が多く、休みのなかなかとりづらいので、疲れを感じることが多くなってくる年代です。

結婚・出産を経験される看護師の方も増えてきますし、あるいはこれから結婚・出産されるという方も多くなってきます。身体的な疲れと、家庭という新たな時間を作るため、仕事と家庭・プライベートの両立を本気で考えなくてはいけないタイミングになります。

看護師という職業は、一度病院を退職しても再就職が比較的楽なので、最近では結婚を機に退職という看護師は殆どいません。しかし、看護師の勤務シフトは、特に夜勤が多いと家族との時間が取れないことも多く、夜勤のない別の仕事に転職される方も多いです。

また、出産しても働き続けるということになると、子どもが大きくなるまでは、時短勤務の制度があったり、保育所が整備されていたりする病院に転職した方が有利なのは言うまでもありません。

また、逆に結婚・出産を機に退職し、生活に余裕が出てきたのでまた看護師として働き始める場合は、働いていない期間のブランクを埋めるような研修を用意している病院もありますので、そうした病院を選ぶのもいいでしょう。

②キャリアアップできるかどうか 30代の看護師が転職に失敗せず成功するための4つのポイント

30代の看護師が転職する際の2つ目のポイントは、キャリアップできるかどうかです。

30代の看護師となると、一人前の看護師としての知識や技術を求められることはもちろん、後輩の指導・教育、上司の看護師長・看護部長との間の中間管理職的な役割が求められてきます。

30代の看護師の一般的なキャリアパスとしては、看護師長・看護部長などの管理職として部下を持つキャリアを目指すか、あるいは特定の診療科のスペシャリストを目指すことになります。その際考えるべきことは、自分がやりたい看護ができる診療科・病院への転職や、資格取得にメリットのある病院への転職です。

30代ならまだまだ資格取得によるキャリアアップも十分可能です。実際、認定看護師等は実務経験が必要なこともあり、中心となる受験者層は30代なのです。

資格取得を視野に入れて転職をする際には、資格取得に理解のある病院を選びましょう。資格取得のためには実務経験だけでなく、研修や講座受講が必要になります。病院によっては資格取得の補助金を出したり、研修や講座受講を出勤扱いにしてくれたりするなどの支援をするところもあり、そうした支援制度のある病院を選ぶことが重要です。

認定看護師資格取得を目指す

30代の看護師のキャリアアップを目的とした資格取得としては、認定看護師を目指す方が多いです。

認定看護師とは、本会認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することが認められた者をいいます。

専門看護師・認定看護師・認定看護管理者 公益社団法人日本看護協会HPより

認定看護師は、救急看護、がん化学療法看護、訪問看護など21の特定分野において、看護実践経験の積み重ねのみでは修得しがたい、特定の知識及び技術を持っていることが認定されます。

病院などの現場からのニーズも高く、看護師のキャリアアップには非常に有用な資格と言えるでしょう。認定看護師になるには、看護師免許取得後、実務研修が通算5年以上あること(うち3年以上は認定看護分野の実務研修)が必要なため、30代から対象になる方も多いのではないでしょうか(実際に、受験者の大半は30代だそうです)。

その他の資格取得を目指す

30代の看護師のキャリアアップを目的とした資格取得として、看護の専門性を高める資格を取得される方も多いです。

看護職の専門性を高める上で、国家資格である保健師を取得して地域の保健師、学校保健師、産業保健師等を目指したり、産婦人科に勤務する上で有用な国家資格の助産師を取得したり、精神科に勤務する上で有用な精神対話士や認定心理士等を目指すなどが考えられます。

これらの資格取得は、特定の職場や診療科における看護の専門性を高めるものなので、逆に言うと今後のキャリアを絞ることにもなるため、まずは自分が看護師としてどの診療科でどんな専門性を高めてスペシャリストになりたいかを考えてから、目指す資格を決めることになります。

こちらについても、転職先の病院を探す際には、希望の診療科で仕事をすることが可能なのか、資格取得の支援制度があるかどうかが、転職に失敗せず成功させるためのポイントになります。特に、これまでの経験と違う診療科への転職を考えられている方は、年齢的にラストチャンスになる可能性があるので注意が必要です。

③収入が上がるかどうか 30代の看護師が転職に失敗せず成功するための4つのポイント

30代の看護師が転職に失敗せず成功するためのポイント3つ目は、収入が上がるかどうかです。このポイントは、どんな世代の看護師にも重要と思いますが、結婚して家庭を持ち、出産して子どもを持つようになると、将来の生活設計も含めてかなり重要なポイントになります。

ここで大切なのは、30代の看護師が平均でどれくらいの年収があるかということです。意外に、看護師の年代別平均年収がどれぐらいか、はっきり知らない方も多いのです。

看護師の年代別平均年収

看護師の年代別平均年収は、この表のようになっています。

正看護師の年代別平均年収(女性を想定)

 年代  年収(税込)
20代前半 380万円
20代後半 440万円
30代前半 450万円
30代後半 460万円
40代前半 490万円
40代後半 510万円
50代前半 530万円
50代後半 550万円

准看護師の年代別平均年収(女性を想定)

 年代  年収(税込)
20代前半 270万円
20代後半 330万円
30代前半 350万円
30代後半 370万円
40代前半 400万円
40代後半 420万円
50代前半 440万円
50代後半 450万円

転職の際には、この年代別平均年収を基準にして、これより高い水準を狙うといいでしょう。

基本給だけでなく手当の額や内訳、ボーナスも含めて考える

年収を考える際には、基本給だけでなく手当の額・内訳、賞与も含めた年収を考えるべきですが、基本的には基本給の額が大きいところを選ぶべきでしょう。なぜなら、基本給が少なくて手当が多い病院と、基本給が多くて手当が少ない病院を比較した場合、ボーナスや退職金は基本給の額をベースに計算されるので、月収が同じでも年収は基本給が多い方が高くなる場合があるのです。

年代による年収の上がり方を把握する

病院によっては、最初は年収が高くても伸び率が低いことや、逆に最初の給与は安くても上がり幅が大きいこともあるので、トータルとしてどちらが得かを考える必要があります。特に、次の病院では長く勤めようとする場合は、重要なポイントです。

年代別モデル賃金が聞けるといいですが、面接や募集情報ではなかなか分からない場合もあるので、そうした場合は、給与や待遇などの内部情報に詳しい看護のお仕事などの、看護師の転職・求人・募集サイトの情報などを参考にするといいでしょう。 

④職場の人間関係が良いかどうか 30代の看護師が転職に失敗せず成功するための4つのポイント

看護師が転職する際の4つ目のポイントは、職場の人間関係が良いかどうかです。

看護師はハードワークなだけでなく、医師や他の看護師とチームで仕事するため、職場の人間関係は大変重要です。人間関係に大きなストレスを感じたり、悪い場合や心を病んでしまったりするケースも珍しくありません。

どんな仕事にも、また、どんな職場にも人間関係の悩みはつきませんが、人と人との関わりには相性がありますので、特定の人との人間関係に悩んでいるようなら、思い切って転職して気持ちよく働ける職場に転職してしまうのも一つの手段です。30代なら、まだ間に合うと言えるでしょう。

ただし、面接等ではなかなか職場の人間関係まで分からないので、そうした場合は、師長の人柄や、離職率、雰囲気、評判といった内部情報に詳しい看護のお仕事などの、看護師の転職・求人・募集サイトの情報などを参考にするといいでしょう。 

おすすめの転職・求人・アルバイト募集サイト(看護師長・看護師・准看護師・ナース)

ここでは、当サイトおすすめの看護師専門の転職・求人・募集サイトをご紹介します。

これまで転職の時に考えるべきポイント・注意点を解説してきましたが、年収の実態や職場の人間関係など、実際には分からないことが多いものです。看護師専門の転職・求人・募集サイトには、経験豊富なアドバイザーや、沢山の看護師から収集したリアルな内部情報、口コミや評判が書き込まれているので、転職活動において大きな参考になります。今では、転職する看護師の3割がこうしたサイトを参考にしているぐらいです。

また、将来に渡ってのキャリアプランやキャリアステップを設計する場合には、なかなか自分では考えるのは難しく、職場の先輩や同僚には聞きづらいものです。看護師専門の転職・求人・募集サイトには、沢山の看護師の体験談やモデルとなるキャリアが載っていますし、経験豊富なコンサルタントが相談にのってくれることもあります。

当サイトがおすすめする、看護師専門の転職・求人・募集サイトの登録は無料です。サポートの良さ、担当者との相性、サイトの特徴の違いを考えると、2~3社登録して比較しながら利用するのが賢い使い方です。

当サイトでは、以下の3点

  1. 無料で利用できる
  2. 実際に使った看護師の満足度が高い
  3. サービスの質や量が優れている

を比較して、上位のおすすめ転職・求人・募集サイトをご紹介しています。

日本最大級の看護師転職サービス!マイナビ看護師

まずは、日本最大級の看護師転職サービスを展開するのが「マイナビ看護師」です。名前から分かるように、運営は人材紹介・派遣など人材関連事業を幅広く展開する、株式会社マイナビです。

「マイナビ看護師」は、株式会社マイナビが運営するだけあって、日本最大級の看護師転職サイトです。求人数や情報量の多さは他社サイトを圧倒していますので、とにかく1社というなら、まずはこちらに登録してみるといいでしょう。経験豊富なキャリアアドバイザーの支援が受けられるのも、特にはじめての転職をしようとするナースにはありがたいですね。

「マイナビ看護師」の登録・利用は、下のリンクから行えます。

看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師

看護師人材紹介満足度No.1!「ナースではたらこ」

次に、看護師専門の転職・求人サービス「ナースではたらこ」です。

「ナースではたらこ」は、10万件近い転職・求人登録件数を誇る国内最大級看護師転職・求人サイトで、運営は東証一部上場企業のディップ株式会社というのも安心です。もちろん利用は全て無料です。

経験豊富なキャリア・コンサルタントが懇切丁寧に指導してくれ、さらに、24時間電話対応が可能というのも、忙しい看護師にとっては使いやすいサービスです。こちらも登録しておきたいサイトです。

「ナースではたらこ」の登録・利用は、下のリンクから行えます。

ナースではたらこ

「働く前に、どんな職場かよくわかる」 看護のお仕事

そして、看護師求人・募集情報を探すならナースのための転職サイト「看護のお仕事」です。

「看護のお仕事」は、「働く前に、どんな職場かよくわかる」がキャッチフレーズなので分かるように、経験豊富なプロの転職アドバイザーが、なかなか個人では調べきれない職場の雰囲気や評判など、12万件に及ぶリアルな内部情報を提供してくれます。

意外に多い、非公開の高待遇求人情報があったり、転職アドバイザーに給与交渉をお願いできたりするのも、転職希望のナースにとっては便利なサービスです。

「看護のお仕事」の登録・利用は、下のリンクから行えます。

転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

看護師の転職希望者からの支持率No.1 医療ワーカー

最後に、看護師の求人・転職情報サイトの「医療ワーカー」です。

「医療ワーカー」は、転職実績10,000件・利用満足度97%という安心の実績を誇ります。楽天リサーチによると、2年連続で看護師転職希望者からの支持率No.1と、高い評価を得ています。

看護師の求人・転職ではトップクラスの求人数と、多数の非公開求人を提供しているから、実際に利用したナースから高い評価を得ているということです。

「医療ワーカー」の登録・利用は、下のリンクから行えます。

医療WORKER

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では、「30代の看護師が転職に失敗せず成功するための4つのポイント」と題して、30代の看護師が転職する場合のポイント・注意点を解説しています。

  1. 仕事と家庭・プライベートが両立できるかどうか

  2. キャリアアップできるかどうか

  3. 収入が上がるかどうか

  4. 職場の人間関係が良いかどうか

についてまとめています。しっかりと記事を読んでいただき、転職の失敗を避けて成功させてください!

また、他にも看護師・准看護師の転職に役立つ情報を解説しています。あわせてお読みください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

看護師が転職する際に便利なサイト比較・ランキング

今後のキャリア設計や仕事とプライベートの両立など、看護師の転職には様々な理由があります。しかし、職場の雰囲気や細かい条件などは、実際に転職してみないとなかなか分からないものです。そんな時は、リアルな内部情報が掲載され、経験豊富なコンサルタントのアドバイスが受けられる転職サイトを利用しましょう。


「看護師・准看護師の転職・求人・募集サイト比較・ランキング」と題して、看護師・准看護師が転職する時に役立つ転職サイトをまとめています。転職してから「こんなはずじゃなかった・・・」などと失敗・後悔することのないよう、しっかり情報収集して転職を成功させて下さい!


まとめを見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*